PELIという女性

今月の7月10日(土)に開催されたFPM田中さんのBIRTHDAY PARTYに行ったとき

早い時間、いつものルバロンらしからる選曲をしているDJがいた。

PUNKやROCKをおりまぜながら
ガチン子でmixしている

金というより白に近い色の髪の毛をしていた女性がDJブースに立っていた。


速攻、紹介してもらった


彼女のDJは生きている


そのDJの名は PELI


久しぶりに、いいDJに出会った



8月7日(土)、レッドシューズでPUNKイベントをやるんだけど、
一緒にやってくれないかマネージャーに確認したところ、OKが出て

今回、初めて一緒にやることになった



すんげー彼女のDJが楽しみ


この日はROCK IN JAPAN、スカジャンボリー、サマソニの3大フェスがもろ被りだが、
どこにも行かず、都内でウズウズしているPUNXは
レッドシューズに来てくれ

とことん逝ってやるんでヨロシク




a0164652_146045.jpg

PELI
幼少の頃に両親の影響で’80sに親しみ、その後Hip-Hop経由からReggae、Ska、Punk、Rock’n’Roll、Swingへと幅広いジャンルに精通するようになる。なかでも’50sに誕生したRockabillyや初期Punkなど、時代のスピリットから自然発生した音楽を好む。時には場の雰囲気に合わせてElectroもプレイリストに加えるが、2manyDJs やLONDON NITE、そして両親に影響を受けた彼女のDJプレイに’80sはやはり欠かせない。
自分自身を表現するのがDJであり、自分の能力を表現するのがスタイリストである彼女は、ファッション雑誌「NYLON JAPAN」、「TOMOTOMO」、「request QJ」を中心に、アーティストのPV、広告など広く手掛けてい
る。さらに、上海万博では唯一の原宿のスタイリストとして抜擢される。’80sと’50sのスタイルがお気に入りの彼女こそ、音楽とファッションの時代性をリンクさせて表現できる稀有なファッショニスタDJである。
彼女が「HOME」と形容する新宿2丁目ではアイコン的な存在で、MOTEL#203のレギュラーパーティー「GIRL
FRIND」、そして「fancy HIM」を筆頭に数多くのパーティーにDJ出演している。H&Mオープニングパーティー、MIU MIUイベント、またED BANGER、BOYS NOISEやYUKSEK、高木完、大貫憲章といった国内外トップアー
ティストとの共演も果たしている。ボーダレスでジェンダーレスに活躍する彼女は、自身のDJスタイルを「ハードメルヘン(メルヘン過ぎる)」と表現する。

Peli’s myspace: http://www.myspace.com/peli.peli.peli


a0164652_1532684.jpg


てな一日,OK
[PR]
by lrpweb | 2010-07-31 01:54 | 友達
<< Tokyo Style 2010 ケツメイシ 熱帯夜 >>